2013年10月31日

大型作品が並ぶFIAC

FIAC1.jpg
フランス最大のアートフェア、FIAC。今年は10月24〜27日、パリのグラン・パレをメーン会場に開かれた。日本ではアートフェアというと売りやすい小品を並べたイベントと思われているが、世界中の資産家が集まってくるこの会場には「小品」という言葉はないかのようだ。

荷物検査を経て中に入ると、まず目に飛び込んでくるのは中国人アーティスト、アイ・ウェイウェイの「Iron Tree」(下の写真)である。台を含めて高さ約7メートル。ブースの壁より高いのだから目立たないはずがない。タイトルの通り、木をかたどった鉄の彫刻である。ベルリンのNeugerriemschneiderはこの1点だけを出していた。

2013fiac.JPG
続いて目を引いたのがフランスのYvon Lambertのブースにあったベルトラン・ラビエの作品「ディーノ」(上の写真)。制作方法については知らないが、「フェラーリ・ディーノGT4」をぶっつぶしたオブジェである。この作品は、トルコのコレクターがプレビューの日に25万ドル(2450万円)で購入したそうだ。

Peter Freeman(パリ、ニューヨーク)のブースは床一面、木のバット(野球のバット)で覆われていた。最初、入ってはいけないのかと戸惑ったが、ほかの人は遠慮なくバットを踏みつけて歩き回っていた。米国出身のデビッド・アダモのインスタレーションである。この作品も売れていた。

2.7×2.1メートルの平面ばかり7点を展示していたギャラリーもあり、とにかく作品がデカい。こうした大きな作品は日本の土壌からは生まれてきにくいことはたしかだ。野球とベースボールが違うように、美術とアートは違うと思わなければ仕方がない。今回のFIACの出展者は180以上。中国、韓国からの出展はあったが、日本のギャラリーは出ていなかった。
posted by Junichi Chiba at 22:35| 海外

2013年10月30日

相席でフランス料理

アートフェアの視察もあってパリに行ってきた。グルメではまったくないのだが、1回くらいフランスらしい店に入りたいと思っていたら、地元の方が面白いレストランに案内してくれた。地下鉄グランブールヴァール駅から徒歩3分。シャルティエというお店である。

平日の午後8時半過ぎ、かなりの行列ができていた。3人で15分ほど並び、回転扉を押して中に入る。部屋は広く、天井は高い。建物自体は高級感たっぷりであった。ところがその部屋にテーブルをぎゅうぎゅう詰めにしていて、ギャルソンたちはたくさんの皿を抱えて走り回っている。従業員に案内されて4人用のテーブルに3人でつくと、テーブルの上には1枚紙のメニューが置いてあった。

前菜は1ユーロからで、3ユーロ台が中心。エスカルゴは6.6ユーロ(約880円)である。メーンはステーキが8ユーロ台からでポトフは11.2ユーロといった具合。とにかく安い(ちなみにパリのマクドナルドではダブルチーズバーガーとポテトと飲み物のセットが5.9ユーロ)。デザートも2.3ユーロからなので、20ユーロくらいでフルコースが食べられる。価格の割に味も良いから人気があるのだろう。

エスカルゴの中身を取り出す器具の使い方がわからないでいると、隣のテーブル(といっても、そのテーブルは完全にくっついていて調味料を共有している状態)の客が見かねて使い方を教えてくれた。要は大衆食堂のノリなのだ。

驚いたのはそのあとである。チキンをナイフで切っていると、突然、カジュアルな姿の白人男性が目の前に座った。相席である。4人用のテーブルを3人で使っていても、空いている席にはお一人さまをどんどん通すらしい。初めは目を合わさないようにしていたが、同じテーブルで食事をしていて、ずっと目を合わせないでいるのも変である。次第に言葉を交わし、彼は地方から出張してきたビジネスマンであるとわかった。

だれかに評判を聞いて来たそうで、この店は19世紀末から営業していると言っていた。客の回転率を良くして価格を抑えたのが長続きした秘訣なのだろうが、見知らぬ者同士、ワインを飲みながら会話できるのも魅力なのかもしれない。
タグ:パリ
posted by Junichi Chiba at 22:21| 海外

2012年08月07日

ドクメンタを見た(続き)

Shinro Otake.jpg
ドクメンタの会場はカッセル市中心部に集まっているとはいえ、大量の作品を見て回るのはそれなりに大変だ。2日目の昼には疲れが出たので、道路に面したカフェで休むことにした。すると、ハチが多いことに気がついた。人に慣れているせいか、追い払っても簡単には逃げない。ずうずうしいのは、こちらがコーヒーを飲んでいるすきにケーキをつまみ食いしていたりする。

ハチに長居をさせてもらえず、席を立った。目指すはカールスアウエ公園である。公園といっても甲子園球場30個分の広さだ。そこに展示されている作品が51点。つまり甲子園球場1個につき作品が1点か2点ある。すべての作品を見るのは難しい。日本から唯一出品している大竹伸朗の作品を目標にし、あとは運命の出会いに任せた。

オランジェリー宮殿の前から南西方向に道路が伸び、この道路を軸としてほぼ左右対称の形で公園ができている。木立や堀があり、歩いていると気持ちが良い。心配は雨だけだ。有機栽培の野菜や果物を売っている店もあった(これも作品)。ラズベリーを4ユーロで買い、歩きながら食べた。ラズベリーがおいしい果物であるというのが発見である。

結局、いくつかの作品を見ながら30分以上歩き、大竹の作品「モンシェリー」(上の写真)を見つけた。廃材などを組み合わせた小屋である。中から演歌が流れてくるし、パイプから水蒸気が出ているしで、怪しい雰囲気だ。すでに小雨が降り始めていたが、人だかりができていた。近くの木の上にはボートが載っている。水蒸気は原発事故、木の上のボートは津波の比喩なのだろう。カールスアウエの整った公園の中で強烈な異彩を放っていた。

Pierre Huyghe.jpg
そこから少し歩くと、今度はフランスのアーティスト、ピエール・ユイグの彫刻(2枚目の写真)があった。女性の全身像だが、なんと頭部には大きなハチの巣があり、ハチがたかっている。しかも雨からハチを保護するためらしく、女性像が傘を差している。一度見たら忘れられないイメージだ。あのハチたちは美術館の中では生きられないだろうから、これこそサイトスペシフィックな(特定の場所向けの)作品である。

それにしても、会期が終わって搬出するときにハチの巣はどうするのだろうと、他人事ながら気になってしまった。
posted by Junichi Chiba at 22:45| 海外

2012年08月06日

ドクメンタを見た

Goshka Macuga.jpg
ドイツ中部のカッセルで5年に1度開かれる国際美術展「ドクメンタ」を見た。世界で200以上ある国際展の中で、イタリアのベネチアビエンナーレとともに最重要のイベントである。フリデリチアヌム美術館、ニューギャラリー、カールスアウエ公園など市内各地の会場で190を超えるアーティストが出品していて、2日かけても回り切ることはできなかったが、十分に見ごたえのある内容だった。
ドクメンタが始まったのは1955年。ナチスドイツによって否定された同時代美術を復権させ、民主的な社会をつくるのに貢献しようという意気込みだったといわれる。そのため視覚的な快楽を提供する「見世物」にとどまらず、はっきりうたってはいなくても、戦争や破壊、復興と再生などを考えさせる作品が多い。

たとえばフリデリチアヌム美術館に展示されたゴシュカ・マキュガ(ワルシャワ生まれ、ロンドン在住)の「Of what is, that it is」(上の写真)。湾曲した壁にかかった作品の大きさに驚き、技法の想像さえつかなかったが、実はタペストリーであった。資料によると、縦が5.2メートル、横が17.4メートルもある。遠景に描かれているのは、ソ連の侵攻や内戦によって破壊されたダルラマン宮殿。中景には傍観者の列。世界の人々の見て見ぬふりが今もアフガニスタンの人々を苦しめていると訴えているようだ。19世紀西洋の画家もオリエントを描いているが、マキュガの作品に「幻想のオリエント」はない。

隣の展示室には、米国出身のマリアム・ガニの映像作品があった。戦災から復興したカッセルの建物内部と被災して廃墟と化したアフガニスタンの建物内部を撮影し、2面スクリーンに映していた。ここでもアフガニスタンである。ただしアフガニスタンの建物であるというのは後からわかったことで、その場では意図を読み取れなかった。社会的なテーマを持つ作品は知識の取得が鑑賞のカギを握ることも確かである。

Jeoffrey Farmer.jpg
もちろんスペクタクルとして楽しめる作品も多かった。ニューギャラリーにあったカナダのアーティスト、ジェフリー・ファーマーの「Leaves of Grass」(2枚目の写真)もその一つ。米国の雑誌「ライフ」に掲載された数々の写真を切り抜いて串を取りつけ、スポンジに差しただけだが、「あっ、この手があったか」と思わせる。映画スターやら食べ物やらの「写真の串刺し」が陽の当たる廊下の端から端まで続いている様子は壮観で、みながじっくりと見ていくからか、展示室から出た人数だけ人を入れるという入場制限をしていた。

この展示は写真撮影の人気スポットでもある。入室の順番待ちをしていたら、後ろにいた年配の女性から、変な英語で「写真を撮るから、どいてくれる」と言われてしまった。来場者のほとんどは一般の人たちであり、お祭り感覚で楽しんでいるのが好ましい。ドクメンタは今回で13回目。会期は9月16日まで。
posted by Junichi Chiba at 15:40| 海外