2015年04月25日

香港の重慶大厦

Chungking Mansions.jpg
もう1カ月以上もたってしまったが、昨年10月以来5カ月ぶりに香港へ行ってきた。ホテル型アートフェアのAHAF Hong Kong とART EDITIONに参加するためだ。懸案の商談があるのでアートフェア自体は振り返る気になれないのだが、ウォン・カーウァイ監督の映画「恋する惑星」(1994年)に出てくる香港の街のイメージだけは何度もよみがえる。

この映画を思い出したきっかけは、「『恋する惑星』のトニー」で書いたように、浅野綾花が「恋する惑星」に触発されてつくった作品「トニーと若いわたしたち」(2015年)であった。せっかく香港へ行くのなら、繁華街の尖沙咀(チムサーチョイ)にある舞台の一つ、重慶大厦(チョンキンマンション)を見たいと思った。中国返還前の香港の雰囲気が残っていないだろうかという興味からである。

ガイドブックに地下鉄チムサーチョイ駅から徒歩1分と書いてあるので、アートフェア会場のMarco Polo Hong Kongから近いことは知っていた。ただ実際に行ってみて拍子抜けした。昨年春に行ったときに、何度も前を通ったビルだったからである。1年前は重慶大厦の前を歩いても重慶大厦に気づいていなかったのだ。しまらない話である。中国返還前の切ない雰囲気が周囲になかったからだろうか。

来る前は見たいと思っていたくせに、中に入ってがっかりするのはいやだ、映画のイメージを壊したくないと思い、ビルには入らなかった。ART EDITIONに出品した浅野はと言えば、重慶大厦の中を少し探検し、カレーライスを食べてきたそうだ。「大阪の第3ビルをもっとわい雑にした感じだった」と話していた。私の方は映画で見たイメージが上書きされずに済み、「恋する惑星」のイメージが今も思い返される。
posted by Junichi Chiba at 19:53| 海外

2015年03月08日

LAでベストブースに

be-Art magazine.jpg
ロサンゼルスのアートフェア、LA ART SHOW 2015が終わって1カ月余りたったころ、ロサンゼルスに拠点を置くアートのウェブマガジン、be-Art magazineからメールで連絡があった。あなたのギャラリーをベストギャラリーの部門で取り上げたと、短く書かれていた。リンク先のアドレスが表示されていたのでページを開いてみると、なんと「Best Booth: Tachibana Gallery, Osaka, Japan」の文字が目に飛び込んできた。http://www.beartmagazine.com/los-angeles-art-show-2015-edition/

LA ART SHOW 2015に参加した116のギャラリーの中から橘画廊がベストブースに選ばれたのだ。同じページをスクロールすると、会場風景の写真がいくつも現れて、ハリウッド女優も歩いた、あのきらびやかな舞台の記憶がよみがえってきた。会場にいたときは時差ぼけのせいもあって、そもそも現実感に乏しかったのだが、こうしてレビューに位置づけられると、自分たちがどのように見られていたのか確認することができる。

「アートフェアでは、ギャラリーは多くのアーティストの作品を展示しがちだが、橘画廊は日本の彫刻家、伊東敏光の異例の個展を開いた」と、寸評に書かれていた(実際には世良京子の平面作品も展示していたので、個展ではなかった)。たしかに、メーンの作品「AA60」をしっかり見せることがロサンゼルスでの方針であった。その点を評価していただいたことは素直にうれしい。

飛行機型彫刻「AA60」の胴体部分の素材であるベイマツ(広島大学旧体育館の梁)は1930年代に米国から日本に輸入されたと推定されている。1月16日、アートフェアの会場で開かれたシンポジウムで、伊東はこの木材について「アメリカに帰してあげたいと思い、連れてきた」と話していた。展示がベストブースに選ばれたのだから、ベイマツも七十数年ぶりに里帰りしたかいがあったというものだ。
posted by Junichi Chiba at 12:20| 海外

2015年01月28日

伊東敏光のTV出演

KTLA Interview2.jpg
ロサンゼルスに行く前からバタバタしていたので、いつ言われたのかも忘れてしまったが、LA ART SHOWの開幕前、伊東敏光にテレビ番組出演のオファーがあった。LAに来て展示がほぼ終わった1月13日夜、パーティー帰りのバスの中でアートフェアのスタッフと打ち合わせが始まった。撮影場所は橘画廊のブース、内容は伊東の作品紹介。朝8時ころからの生放送だから、早朝リハーサルをして本番に備えるという話であった。

「じゃあ、とりあえず明日の朝集合ということで」と言われた、その「とりあえず」の時間が午前4時半。否応なく3時半に起床し、伊東とアシスタントの久保寛子、私の3人で4時半に会場に入った。ところがテレビ局のスタッフがやってこない。連絡もなく、身動きがとれないまま6時を過ぎると、伊東が「絶対そうだと思ったよ」と言い出し、近くに放置されていたクレート(作品輸送用の木枠)の上に寝転がってしまった。

LAARTSHOW20150114.jpg
テレビ局は会場内の他の場所で取材しているらしく、帰るに帰れない。7時を過ぎるころには、「眠いな〜」「どうでもよくなってきたな〜」と言い出すありさまに。もうお流れかと思った午前8時ころ、ようやくレポーターと番組スタッフがやってきた。リハーサルが早く済んだらホテルに戻って着替えるというプランは消滅。リハーサルと本番の区別もわからないまま、久保を通訳に挟んでのインタビュー形式で撮影が進んでいった。

興奮気味のレポーターが早口で話すので、英語をキャッチできないのだが、「Extraordinary(並外れた)」という言葉がしばしば聞こえてきた。後から、局がウェブサイトにアップした動画を見ると、3分にわたって橘画廊のブースが紹介されていた。番組名は「KTLA Morning News」(上から3番目の動画が出演番組)。ロサンゼルスで一番人気のプログラムだそうだ。上の写真がインタビューの様子、下の写真は14日夜のオープニング風景。
posted by Junichi Chiba at 12:39| 海外

2015年01月25日

ロサンゼルスで目立て

LA Convention Center.jpg
米国西海岸最大のアートフェア、LA ART SHOW 2015に参加した。伊東敏光の飛行機型の彫刻「AA60」を展示するには6×6メートルのスペースが必要だが、その条件を満たすフェアがLA ART SHOWだったのだ。今回のブースは7.3×6.1メートル。そこに縦、横とも4メートル強の「AA60」がピタッとはまった。

大きな作品を展示したいと思ったきっかけは2013年に見たフランス最大のアートフェア、FIACであった。中国人アーティスト、アイ・ウェイウェイの「Iron Tree」は台を含めて高さ約7メートル。木をかたどった鉄の彫刻はブースの壁より高く、とにかく目立っていた。この方法であればアーティストとギャラリーのプレゼンスを発揮できる。一度まねしてみよう。そんな単純な考えである。

LAARTSHOW Opening.JPG
「AA60」の基本コンセプトは風景彫刻。翼や胴体の上の平たい石はテキサスのメサ(てっぺんが平らな山)を、細長い石はアリゾナの砂漠に生えるサボテンを表している。遠くから見て飛行機だと思った人が近づいてじっくり見ると、ただの飛行機型彫刻ではないと気づく。そこで作品の基本コンセプトを説明し、「Landscape sculpture」という言葉を一つ覚えのように何千回と繰り返した。

橘画廊のブースは会場の入り口から奥のVIPラウンジの方へと延びるメーンストリートに面していて、入場者の目に留まらないわけがない。人気が人気を呼び、実に多くの人に見ていただいたし、「こんなの見たことがない」という声を何度も聞いた。主催者やスポンサーの方から「素晴らしい作品を持ってきてくれてありがとう」と言われたのもお世辞ばかりではなかったような気がする。ハリウッドの超大物俳優に作品の説明をする機会があったのもうれしかった。
posted by Junichi Chiba at 23:43| 海外