2019年09月15日

パリ国際芸術都市(シテデザール)

CITE INTERNATIONALE DES ARTS.JPG.JPG
パリ留学中の油彩画家、河合真里さんと友人の小野有美子さんの展示を見るため、スタジオ付き滞在施設「シテデザール」を訪れた。パリ市庁舎から約400メートル、ポンピドーセンターからも徒歩圏である。滞在施設といっても日本では類がないほど大きなもので、常時、数百人が活動しているそうだ。パリの人たちが夏のバカンスから戻ってきた9月第1週、その建物でオープンスタジオのようなイベントが開かれていた。

受付で荷物検査を受けると、入場券代わりのシールをくれた。建物は5階建て。日本の明るい照明に慣れた目には、長い廊下はやや薄暗い感じだ。このイベントは部屋ごとに作品を展示している点ではホテル型のアートフェアとも似ているが、アートフェアと違って作品の販売はしていない。本館と呼ばれる建物の地下にはホワイトキューブ型のスペースもあった。見て回った範囲では、絵画は少なく、映像作品が印象に残った。

CITE INTERNATIONALE DES ARTS2 .JPG
その中で河合さんは、パリで描いた新作絵画を小野さんと一緒に展示していた。2人は武蔵野美術大学の同級生だが、同じ油彩画でも、作風、モチーフはまったく異なっている。小野さんは風景、河合さんは生き物ともモノともつかない奇妙な形。しかも河合さんは平板な表現で、たぶん日本では見せたことがない紙の作品も出していた。パリの水が合っているのか、新しい作風に挑む余裕が生まれているようだ。

滞在半年の彼女によると、シテデザールは「いろいろな国の人、さまざまなキャリアのアーティストと出会えるのがよいところ」。毎月1回、ランチタイムに中庭で開かれる交流会も楽しみだと話していた。一方、アトリエの扉を閉めて制作に没頭していると、だれとも話さずに一日が終わることもあるらしい。国際都市の刺激と静かな制作環境の両方が手に入るということなのだろう。
posted by Junichi Chiba at 12:33| アート

2019年05月20日

作品の外側の重要性

MIHO MUSEUM.jpg
MIHO MUSEUM(甲賀市)で、京都・大徳寺龍光院所蔵の曜変天目を拝見した。大阪の藤田美術館所蔵品と東京の静嘉堂文庫美術館所蔵品は以前見ているから、これで曜変天目の「三碗制覇」だ。曜変天目は南宋時代に中国の建窯で焼かれた黒釉茶碗で、渡った先の日本に三碗だけが現存している。それぞれの作者は無関係なのかもしれないが、頭の中で3つを並べると、互いに補い合っているように見えて興味深い。

大徳寺龍光院の碗は銀色の斑文の周りの青が弱く、静かな印象だ。はっきり言って「宇宙」だけでなく、「死」のイメージを感じる。三碗のうち最もきらびやかなのは静嘉堂文庫のもので、一番宇宙を感じさせるのは藤田美術館のものだ。それぞれ火の中の化学反応で偶然生じた模様が見どころなのだが、人間が作ったものであるからには、作者の何らかの意志が働いているのではないかという気がする。

その曜変天目を見るための行列に並んで思ったのは、やはり芸術作品それ自体の中に永遠の価値があるのではなく、作品の外側に重要性があるということだ。作者はこの碗をつくるためにどのような試練を乗り越えたのか、それを日本に運んだ人はどのような困難を克服したのか、あるいは茶会でこの碗に関わった人たちはどのような人間関係を築いたのか――。そんなことを想像させてしまうところにも作品の価値がある。

室町時代や江戸時代の茶人であっても、現存する曜変天目を3つとも見た人がいただろうか。3つ見比べるというのは、現代ならではのぜいたくな見方のはずだ。碗の鉱物的な輝きをめでるのにとどまらず、歴史を踏まえた見方をできるからこそ芸術作品といえる。

MIHO MUSEUMで曜変天目を見て間もなく、同館を設計した建築家、イオ・ミン・ペイが亡くなった。そのニュースを聞いたときにはなぜか、その曜変天目が頭に浮かんだ。
posted by Junichi Chiba at 22:22| アート

2019年03月24日

東京のアートフェア

AiPHT2019 Chika Shibata_night.JPG
パークホテル東京のアートフェア、ART in PARK HOTEL TOKYO(AiPHT) 2019(3月8〜10日)に出展した。AiPHTへの参加は2年ぶり3回目だ。国内外合わせてホテル型フェアへの参加ももう19回目。6年前、初めてART OSAKAに出たときはホテル客室での展示に戸惑ったが、慣れてしまえば違和感はない。お客さんと近況を報告し合ったり、作家とたわいもない冗談を交わしたり、客室だと、なんとなく会話が生まれる雰囲気がある。

今回の作家は伊東敏光、芝田知佳、浅野綾花の3人で、コラージュというテーマを設定した。それぞれの作品は、伊東が木のコラージュ、芝田が布のコラージュ、浅野が紙のコラージュである。伊東の作品は彫刻家の発想で作っているからアッサンブラージュと呼んだ方がよさそうだし、浅野の作品は技法的にはシンコレ(イメージの刷りと同時に紙片などを貼りつける技法)だが、素材の組み合わせ、貼り付けといった観点でコラージュに含めている。

客室の展示でテーマを設けたのは初めてだったかもしれない。積極的な理由があったわけではなく、アートフェアの参加条件として「少数精鋭のアーティストによる展示」と「テーマ性を掲げた展示」が挙がっていたからだ(たしかそうだったと思う)。こちらからお客さんにテーマの説明をするということはなく、お客さんが聞いてくださるのを待っているという感じであった。それでも、ときどきコラージュに話が及ぶことはあった。

過去3年間、東京では様々なアートフェアに出展してきた。2016年はアートフェア東京とAiPHT、17年はAiPHTと3331 Art Fair、18年は3331、そして今年はAiPHT。この3つのフェアにはそれぞれ特徴がある。アートフェア東京は(来場者が何万人あろうと)メーンの客層はやはり保守的な富裕層だ。3331のフェアは、もともと閉鎖的なコミュニティーであるアート業界を使ったイベントカルチャーの実験場である。

AiPHTはといえば中堅コレクター向けで、3331ほどにはイベントカルチャーっぽさがない、落ち着いたフェアというイメージだろう。事務局によると、今年の入場者は3日間で約2200人。主催者からみれば物足りない数字なのかもしれないが、コミュニケーション重視の顧客対応を考えるなら手ごろな規模である。一つのフェアが広範な役割を果たすというよりも、それぞれが目的に応じて機能を追求していくのではないだろうか。写真は芝田知佳の新作掛け軸(部分、窓の向こうに東京の夜景)。
posted by Junichi Chiba at 19:01| アート

2019年02月27日

虚栄心

Tokyo Tower.jpg
パークホテル東京で開かれるアートフェアのプレイベント、PREVIEW AiPHT(2月18日〜3月10日)に浅野綾花の作品6点を搬入した。展示場所は同ホテル25階の客室行きエレベーターの周り。窓の外の夜景を横目で見ながら、10層分の吹き抜けのロビーを通ってエレベーターに向かうと、それだけで気分が上がる。高級なホテルは「生活」を抜け出す場所であるだけに、虚栄心が肯定されやすい。

そもそもアートフェアは、アーティストやギャラリストの虚栄心がぶつかり合うところだ。虚栄心がないように見せかけることも虚栄心の表れである。よりよく見せたいという感情の衝突によって熱量が上がり、そこにあるアートの存在感も高まっていく。これは現場で何度も経験してきたことだ。ただし、あり過ぎると展示が暴走してしまう。

そんなことも意識しながら深夜に展示を終えた。浅野の作品自体はいつも通りである。例えばエレベーター前に飾った「君と紅茶の季節」のモチーフは、故郷の静岡でいつも親切にしてくれる女性の顔と、彼女からもらった紅茶の袋だ。日常の素材を使って、記憶に伴う心情をカジュアルな雰囲気とともに伝える作品である。人目をひく華やかさや流行の要素はなく、一見、虚栄心とはほど遠い作品のように見えるかもしれない。

Preview AiPHT 2019 Ayaka Asano.jpg
しかし、そう見えるということと、そうであることは別である。これは技法とも関係している。エッチングの技法で版画を制作するにはそれなりの設備と時間が必要で、計画なしの制作はありえない。コラージュを加えるならなおさらである。やり直しができないだけに、最初からコラージュの素材もインクの色も、記憶を含む内面も周到に選び取っているはずだ。表現に合わせて内面を作ることもあるのではないかと、私は推測している。

もしそうだとしたら、その「内面」は虚栄心そのものである。何しろそれは人に見せるための心情であり、真の虚栄心とでも呼びたいものだ。ではなぜ作家は虚栄心=作られた内面を生み出してまで表現するのかといえば、それは作品を成立させるためだろう。内面を表現するのではなく、表現のために内面を作るのがアーティストなのだ。深夜に作業をするとつい、こんな余計なことを考えてしまう。下の画像の右が「君と紅茶の季節」(銅版画、シンコレ)。
posted by Junichi Chiba at 20:02| アート