2020年12月27日

朝比奈隆と林元植

Germany.jpg
20年近く前、大阪のザ・シンフォニーホールの楽屋で、韓国を代表する指揮者、林元植(1919〜2002年)を取材する機会があった。2001年12月に亡くなった指揮者、朝比奈隆の「お別れの会」が開かれたときだから、2002年2月7日のことだ。朝比奈が音楽総監督を務めた大フィルが舞台に上がり、林元植は岩城宏之、外山雄三、若杉弘らと順番に献奏を指揮した(舞台には朝比奈の遺影が掲げられ、献花台が置かれていた)。

林は朝比奈の唯一の弟子であり、第二次世界大戦末期から終戦後にかけて、ハルビン(満洲)で指揮の教えを受けた人物である。献奏の指揮の後、楽屋に戻った林は「たのんまっせ」と、日本語で話し始めた。韓国でも日本の新聞を読み、日本の事情をよく知っていたらしく、日本経済新聞1部の料金も知っていた。

北朝鮮の出身で4歳のときにハルビンに移住したこと、貧しい青年だったが音楽が好きで音楽家になりたかったこと、終戦後のロシア兵の悪行、クラシック音楽界の裏話……。話題は多岐にわたったが、印象深かったのは「心の底から湧いてくる気持ちを楽員に伝えるのが指揮者の役目である」という話だ。どこかの物置で指揮の手ほどきを受けながら、あるいは安酒を朝比奈に注いで音楽の話をしながら、それを学んだというのである。

林がロリン・マゼール(米国の指揮者)から聞いたという話も興味深かった。「若い指揮者はストラビンスキーなどの難しい曲でも棒の振り方を間違えないが、感情がない。まじめにやってはいるが、素質はない」。結局、林はあちらから、こちらからと表現を変えて、同じことを言っていたのだと思う。オーケストラを統率するには音楽の知識や技術だけでは不十分であるということ、それができた朝比奈は偉大だったということだ。

では、音楽の知識や技術以外に何が必要なのだろうか。いま、あえてそれを推測するなら、楽員を動かす人間力なのではないか。自治体や財界を巻き込む政治力も含まれるかもしれない。音楽自体は音の振動によって成り立つわけだから、物理の法則に則っているのだとしても、その音の振動を生み出すにはさまざまな力が必要なのだろう。

朝比奈がロシア人主体のハルビン交響楽団を指揮していたのは1944年から45年にかけてである。日本の敗戦後、ソ連軍が進駐する中、林は朝比奈と家族を1週間ほど自宅にかくまった後、「ある中国人の家を借りて、先生をそこに引っ越させた」。林の機転がなければ、朝比奈は日本に戻れず、70歳を過ぎて佳境を迎えた指揮者人生はなかったはずだ。やはり予測できない力が音楽を生み出しているのである。

林はその日演奏したバッハ「G線上のアリア」のビブラートのかけ方に朝比奈の影響があると、うれしそうに語っていたが、その年の夏、サッカーのワールドカップ日韓大会の後に帰らぬ人となった。
posted by Junichi Chiba at 19:50| 日記