2020年10月07日

パラレルワールドではない

Ryo Uchida below eight, four shadows 2020.jpg
artTNZに出していた内田涼の新作絵画「8未満、4つの影」(画像、2020年、アクリル、カンバス、116.7×116.7センチ)の前で、「どちらが影だかわかりませんね」という感想を何回か聞いた。画面の上半分と下半分にはそれぞれ4つの形が現れているが、どちらが実体でどちらが影なのか、手がかりがなく、謎に包まれているからだ。

実は内田は、画面の下半分で即興的に形を描いている。そしてトレーシングペーパーを使ってそれらを写し取り、画面の上半分に描き直している。描く順番からすれば、下の方が実体で上の方が影だ。ところが画面の下半分は絵の具を垂らした色むらなどで行為性を強調しているのに対し、上半分にはそれがなく、色も鮮やかなため、下が影のようにも見える。実体と影の区別がつかないのがこの作品の面白いところだろう。

私自身は影を実体のもう一つの姿と考え、それらが別々に存在するパラレルワールド的なイメージを持っていた。しかしお客さんたちが上と下は一続きだと話すのを聞いているうちに、印象が変わり始めた。一緒にいた浅野綾花が「最近、村上春樹の『1Q84』を読んだ」と言ったことも影響した。影が意思を持つといった話があったのを思い出したのだ。

『1Q84』のどこかに、影とパラレルワールドのかかわりについて何か書かれていたかもしれないと気になったため、図書館に行って調べてみた。すると、宗教団体のリーダーと呼ばれる男(作中人物)が心理学者カール・ユングの説を紹介する形で、影について語る場面が見つかった(BOOKUのp. 275、276)。その場面のせりふは以下の通りだ。

「影は、われわれ人間が前向きな存在であるのと同じくらい、よこしまな存在である。我々が善良で優れた完璧な人間になろうと努めれば努めるほど、影はよこしまで破壊的になろうとする意思を明確にしていく。人が自らの容量を超えて完全になろうとするとき、影は地獄に降りて悪魔となる。なぜならばこの自然界において、人が自分自身以上のものになることは、自分自身以下のものになるのと同じくらい罪深いことであるからだ」

10年以上前に読んだ私の記憶とは若干違っていたが、影が意思を明確にするという記述はあった。この男が言う通り、影が意思を持ち、実体に影響を与えるのだとしたら、2つの世界は別々に進んでいるのではなく、つながっている。そのような世界はパラレルワールドではない。作品を前にして人と話したことをきっかけに、いろいろな目線で作品を見たりパラレルワールドについて考えたりすることができ、頭が柔らかくなった。

『1Q84』の中には、女子高生のふかえりが「マザ」(実体)であり、宗教団体にはふかえりの「ドウタ」(影)が残されているという設定もある。実体と影にそれぞれの役割があるなんて、アートや文学がなければ考えもしないことだ。ついでに、10年前に気に入っていたせりふを思い出したのも収穫だった。「すてきなギリヤークじん」
posted by Junichi Chiba at 21:11| アート