2020年07月31日

アートフェアの感染対策

TOKYO WATER TAXI.jpg
3月に予定されていたアートフェア、ART in PARK HOTEL TOKYO(AiPHT)はいったん9月に延期されたが、中止が決まった。ホテル客室は「三密」が起こりやすいため仕方がない。一方、寺田倉庫(東京・天王洲)を会場とする新しいアートフェア、artTNZが開かれることになった。AiPHTの主催者は共催者の立場でartTNZに合流した。これに伴い、もともとAiPHTに参加予定だった橘画廊はartTNZに出展する。

新型コロナの影響で今年2月から、アートフェアなどイベントの延期や中止が相次ぎ、アート業界は停止状態に陥った。アートファン同士が意見を交換したり、アーティストの声に耳を傾けたりする場が失われてしまえば、アートへの関心すら消えてしまいかねない。イベントができないのは致命的だ。それだけに、感染の拡大が落ち着き、アートフェアを再開することができれば、危機的な状況から脱け出す道が見えてくる。

もちろん一足飛びに元に戻れるわけではない。通路の広い展示場はホテルの客室より「三密」になりにくいとはいえ、たくさんの人を会場に集めることには感染のリスクが伴う。映画館やコンサートホールが座席数を減らして観客同士の距離を保とうとしているように、アートフェアでも何らかの制限をもうけることはやむをえないだろう。厳しい制限を少しずつ緩和していくことが結局は日常を取り戻す近道であると納得できる。

しかしである。artTNZ主催者(一般社団法人アート東京)の打ち出した感染症対策の3つの指針を読んで驚いた。「疑わしきは入れない、 1時間100名の入場制限、完全予約制」。顔認証システムを使って入場を受け付け、予約登録者の本人確認を厳密にするという。これは予想以上に厳しい運営方針であった。アートのコレクターにはシャイな人が多いが、顔認証なんて大丈夫なのだろうか(バンクシーみたいな覆面作家は入場できるのだろうか)。

この5カ月、不確実なことにすっかり慣れてしまっているため、何がよくて、何がよくないのか、とっさに判断がつかない。artTNZは古い考えを捨て去る通過点なのかもしれないとも思うが、準備段階での心境は複雑だ。会期は2020年9月17〜21日。会場はアートの複合施設、TERRADA ART COMPLEXU の3Fと4F。橘画廊は3Fブースへの出展が予定されている。(画像は東京・天王洲、2019年9月撮影)
posted by Junichi Chiba at 18:47| アート