2020年06月28日

生命は大地から誕生した

Tales from the Underground.jpg
コロナの緊急事態宣言が出たころから、自宅で読書する時間が増えた。この3カ月で一番面白かった本はデヴィッド・W・ウォルフ『地中生命の驚異 秘められた自然誌』(長野敬・赤松眞紀訳)だ。20年近く前の本ではあるが、「生命は海ではなく大地から誕生した」という仮説が興味深い。「地中何千フィートという深さで酸素も光もない高温高圧の場所に繁栄する微生物の社会があった」という記述にはまさに驚いた。

「地下を生命のゆりかごとすることは、20世紀の大部分にわたって普及していた考え、つまり水分が蒸発して生命出現に適する『原初のスープ』となった浅い水溜まりの中とか、あるいは海水面の近くで生命が始まったとする考えに反していた。原初のスープという考えは、生命が『温かい小さな池』から生じただろうというチャールズ・ダーウィンの推測に端を発している。ダーウィンは1871年に、同僚の植物学者ジョゼフ・ドールトン・フッカーに宛てた私信にこのことを書いている。ただし彼はこの考えに確信を持っていたわけではなく、それを広めようとも考えなかった。それにもかかわらず、彼の後継者たちはこれをかなり真剣に受け取った」。こんな重要なことを私は20年近くの間、知らなかったわけだ。

しかし知らなかったのは私だけではない。今も人文系の学者が「地球上の最初の生命体は海中の単細胞生物だった」と書いているのを目にすることがある。「生命は海で誕生した」という考えはなかなかロマンチックだから、20世紀に定着したまま修正されていないのだ。宮崎駿の漫画『風の谷のナウシカ』で、主人公のナウシカは「すべては闇から生まれた」と言っているが、それは比喩ではないかもしれない。ウォルフの示唆が正しければ、生命は光を必要としなかった。

そして、ウォルフのこの本にはもう一つ驚きのポイントがある。それは、生命の系統樹という概念がひっくり返される可能性である。

「今では三つのドメインが大昔に分かれて、ほとんど独立して進化してきたのだろうと考えられている。しかし普遍的な系統樹の根元に近い部分では、それぞれのドメインの関係は入り乱れている。これら最古の単細胞生物は、縁の遠い生物の間で、ときにはドメインを超えて遺伝物質を『水平に』伝達できたからである。こうした原始的なレベルでは、1960年代の自由奔放な『フリーラヴ』フェスティバルのように遺伝物質が交換されていた。ただしそれは家庭向けの映画のようにセックス抜きの方法で行われた。それは『食べたもので自分が決まる』方法なのだ。傷ついた細胞から放出された遺伝物質が食物のようにして別種の活動的な細胞に取り込まれて、そのゲノムに組み込まれてしまうのだ」

三つのドメインとは、(真性)細菌、古細菌、真核生物である。要するに生命の系統樹は、一つの基部から枝分かれしていったツリー型ではなく、ネットワーク型だった可能性があると、ウォルフは指摘している。やはり『風の谷のナウシカ』第6巻で、セルムというキャラクターが「食べるも食べられるもこの世界では同じこと 森全体が一つの生命だから……」と言っている。たしかに、片方の遺伝物質が残るのではなく、遺伝物質が交換されるのだとしたら、食べるも食べられるも同じことだ。

もともと海にいたが、やがて地表に進出した緑色の藻のような生物は土壌菌類と共生し(菌類が水や養分を藻類に供給し、藻類は光合成の産物を菌類に供給した)、植物という形態で陸上に生き残ったという考えにも興味をひかれる。分子生物学や遺伝学の発展によって、これからさらに新しい事実が発見されるだろうという予感がわいてきた。そのときに、20世紀に定着した生命のイメージが変わるのではないか。
posted by Junichi Chiba at 18:09| 日記