2020年05月25日

始まりの舞台は砂漠

5月25日は映画「スター・ウォーズ」第1作の公開記念日だ(米国公開は1977年、日本公開は78年)。2年ほど前、久しぶりに会った大学時代のゼミの先生が、若いころ留学先のシカゴで「スター・ウォーズ」を見たときの感想を、きのうのことのように話してくれたことがあった。公開から40年以上たって、当時のことを含めて感想を言い合えるような作品はほかにはない。この映画の公開自体が社会現象だったと、腑に落ちた。

そんな作品だから、多くの人からさまざまな感想を聞いてはいるが、この42年間、語り尽くされていないと感じるテーマが一つある。それは「スター・ウォーズ」シリーズの中の砂漠だ。実は同じ感想を持つ人と会ったことがないのだが、私にとって「スター・ウォーズ」の原風景は宇宙空間ではなく砂漠なのである。農場で働くルーク・スカイウォーカーがドロイドのC-3PO、R2-D2と出会った砂漠だ。砂漠など見たこともないのに、スター・ウォーズのどの作品でも砂漠のシーンが出てくると、なぜか懐かしい感情が湧いてくる。

「シスの復讐」(2005年公開)あたりからは、ルークが育ったタトゥイーンはなぜ砂の惑星なのか、などと考えるようにもなった。かつては文明の発達した都市があったが、あるとき人口が増えすぎて崩壊したのだろうとか、森林破壊によって砂漠化が進んだのだろうとか、それくらいの想像である。砂漠の中に小さな街が点在しているのであれば、住民は農業だけでなく、交易で生計を立てていただろうと、考えたりもした(今も考えている)。

地球の歴史から類推すれば、このような地理的条件での交易品は奴隷だった可能性がある。作品中、ルークの父、アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)とその母は奴隷だったから、さほど的外れな推測ではないだろう。さらに推測を重ねれば、続三部作の主人公レイの祖母も奴隷だったかもしれない。地球のオスマン帝国を例にとれば、歴代君主の母はほとんどが奴隷だからだ(王妃との間に子をなすと、王妃の一族が政治に介入してくるから、皇帝はそれを避けた。奴隷であれば親族はなく、いたとしても口出しはできなかった)。

映画の中では、銀河系の社会についての説明はほとんどないため、背景に関わるところは勝手な想像でしかないとしても、シリーズを見終えた今も、私にとってスター・ウォーズといえば砂漠の印象が強い。見捨てられたような砂漠の惑星で農場に縛られた青年のルークが「こんなところにいたくない」と思っていたからこそ、あてもないまま反乱軍に加わり、物語が動き出した。第1作が公開直後から大ヒットしたのも、始まりの舞台が豊かな森などではなく、美しいけれど過酷な砂漠だったからだと、個人的には確信している。
posted by Junichi Chiba at 20:33| 日記