2020年01月22日

スター・ウォーズの原則

映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を見た。シリーズ9作目にして完結編である(これで番外編の「ローグ・ワン」と「ハン・ソロ」を含め、すべてを劇場で見ることができた)。自由奔放なイマジネーションが魅力の作品だから、深刻な顔をして見ているわけではないが、それでも「スター・ウォーズ」を見るたびに学び、確認していることがある。それは人間の感情がいかに大切か、ということだ。

アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)もルーク・スカイウォーカーも、そして新三部作のレイも、シリーズの主人公たちは皆、非凡な英雄でありながら苦悩を抱えている。そして苦悩を見透かすパルパティーン皇帝はかつてアナキンをダークサイドに転向させたように、レイに皇帝の座に就くよう強制する。こうした場面で登場人物が激情に駆られてやり合うところは、いかにもスター・ウォーズといった感じだ。

主人公たちは物体を宙に浮かせたり遠くにあるものを感じ取ったりするフォースを持っている。フォースを磨き上げる術はヨーダからルーク、ルークからレイへと伝えられたが、後の世代ほど能力の向上は早い。ヨーダとルークが合わせて900年以上もかけて蓄積した知識(ヨーダは享年900歳)をレイはまとめて受け継ぐことができたからだろう。

しかし、その怪物的な能力に感情のコントロールが追いつかない。皇帝に歯向かうべきか、それとも従うべきか。「ジェダイの復讐」(1983年)でルークが直面したのと同じ苦しみがレイを襲ってくる。新作でも「ジェダイの復讐」のクライマックスと同様、過剰なほどのエネルギーのぶつけ合いが演じられ、まるで歌舞伎のようだった。歌舞伎でなければシェイクスピアなどのバロック劇である。

すでに肉体が死んで魂だけが残っている皇帝は覚醒したレイの体を乗っ取ろうとするが、レイはそれを許さない。皇帝を阻んだのは若いレイと(悪役だったはずの)カイロ・レンの中から湧いてきた感情だった。人にとって肉体は重い荷物ではあるが、生身の体から生まれる感情が人の命を救うこともある。死んでいる者はその点で、生きている人間にかなわない。生と死が不可分なバロック劇だからこそ浮かび上がるテーマだ。

実は、レイを救済するのはドロイドのR2-D2かBB-8ではないかと、50%くらいの確率で予想していたのだが、その予想ははずれてしまった。人間が選択し、決断するというスター・ウォーズの原則を超えることは、やはりなかったのである。
posted by Junichi Chiba at 22:41| 日記