2019年09月15日

パリ国際芸術都市(シテデザール)

CITE INTERNATIONALE DES ARTS.JPG.JPG
パリ留学中の油彩画家、河合真里さんと友人の小野有美子さんの展示を見るため、スタジオ付き滞在施設「シテデザール」を訪れた。パリ市庁舎から約400メートル、ポンピドーセンターからも徒歩圏である。滞在施設といっても日本では類がないほど大きなもので、常時、数百人が活動しているそうだ。パリの人たちが夏のバカンスから戻ってきた9月第1週、その建物でオープンスタジオのようなイベントが開かれていた。

受付で荷物検査を受けると、入場券代わりのシールをくれた。建物は5階建て。日本の明るい照明に慣れた目には、長い廊下はやや薄暗い感じだ。このイベントは部屋ごとに作品を展示している点ではホテル型のアートフェアとも似ているが、アートフェアと違って作品の販売はしていない。本館と呼ばれる建物の地下にはホワイトキューブ型のスペースもあった。見て回った範囲では、絵画は少なく、映像作品が印象に残った。

CITE INTERNATIONALE DES ARTS2 .JPG
その中で河合さんは、パリで描いた新作絵画を小野さんと一緒に展示していた。2人は武蔵野美術大学の同級生だが、同じ油彩画でも、作風、モチーフはまったく異なっている。小野さんは風景、河合さんは生き物ともモノともつかない奇妙な形。しかも河合さんは平板な表現で、たぶん日本では見せたことがない紙の作品も出していた。パリの水が合っているのか、新しい作風に挑む余裕が生まれているようだ。

滞在半年の彼女によると、シテデザールは「いろいろな国の人、さまざまなキャリアのアーティストと出会えるのがよいところ」。毎月1回、ランチタイムに中庭で開かれる交流会も楽しみだと話していた。一方、アトリエの扉を閉めて制作に没頭していると、だれとも話さずに一日が終わることもあるらしい。国際都市の刺激と静かな制作環境の両方が手に入るということなのだろう。
posted by Junichi Chiba at 12:33| アート