2018年05月06日

「ちょっとした税金」

FIAC.jpg
4月26日付のThe New York Timesは、世界最大規模のギャラリーの一つ、デイヴィッド・ツヴィルナーのオーナーが、小規模ギャラリーのアートフェア出展費用の一部を負担する用意があると発言したと伝えている。その記事はベルリンで開かれたアート業界の国際会議の報告で、見出しには「デイヴィッド・ツヴィルナーが『税金』を提案」と書かれていた。米大リーグには戦力均衡を目的にした収益分配制度があるが、それらのアート業界版といえる考えだ。

記事によるとツヴィルナー氏は「現在のシステムに何か問題があると感じている」「いくつかのギャラリーが市場を支配していて、若いギャラリーが競争するのに苦労しているのは、うれしいことではない」などとも発言している。そしてツヴィルナー氏本人の口から「ちょっとした税金のようなものだ(a little bit like a tax)」という言葉が出てきた。

具体的には、小規模場ギャラリーのアートフェアへの出展を後押しするため、大規模なギャラリーが出展料をより多く支払う方法を提案している。同じ記事で、Independent Art Fairの創立者兼CEOであるエリザベス・ディーの試算を紹介しているが、それによると、上位10%のギャラリーがアートフェア出展料として1万ドルずつ余計に支払えば、40%のギャラリーの出展料を12.5〜14%ディスカウントできるそうだ。

実際、「若いギャラリーが競争するのに苦労している」という指摘はまったくその通りで、小規模のギャラリーにとって有名アートフェアの出展料は高過ぎる。この3月にも、3331 Art Fairのブースに、海外有名フェアのマネージャーが来られて、今年のフェアに出ないかとお声がけいただいたが、後から「ブース代3万ドルです」などと言われかねないので、Yesと答えるわけにはいかなかった。

では「ちょっとした税金」は有効だろうか。仮に出展料が2万ドルで、十数パーセントのディスカウントがあったとしても、有名作品に人気が集中する時代、小規模のギャラリーが若手アーティストを連れて海外の有名アートフェアに出たら赤字の山を築くことになってしまう。援助があればありがたいことではあるが、おそらく焼け石に水だ。出展料数万ドルのフェアの十数パーセントを誘因と感じるのは、小規模というよりはミッドサイズのギャラリーの一部だろう。

以前、「ギャラリー業界はメガギャラリーとギャラリー、ガレージの3層構造である」と書いた(「ミッドサイズギャラリーの変化」)。今、メガギャラリーとそのほかのギャラリーの格差は広がる一方である。メガギャラリーにとってもアーティストの供給源が失われるのは困るので、小さなところへの目配りを始めたのだろうが、今の流れが簡単に変わるとは思えない。大リーグにダルビッシュや大谷を供給した日本ハムファイターズのように、中小のギャラリーは大手と同じ舞台で争うよりも、アーティストを引き抜かせるのが現実的なビジネスなのかもしれない。
タグ:ギャラリー
posted by Junichi Chiba at 17:38| アート