2021年09月16日

ふくらはぎがつった夢

Tsuri.JPG
新型コロナワクチンの2回目の接種を受けた翌日夜、38.7度の熱が出て、もうろうとした状態で眠りについた。そして深夜だったのか未明だったのか、左足のふくらはぎがつった夢を見た。夢の中の自分が右手で左足の指をつかんで引き寄せようとしたが届かず、ふくらはぎの筋肉はこわばったままで、少しも痛みが治まらない。こむら返りというやつだ。夢の中の自分が痛がっているのに驚いて、一瞬、目が覚めた。

もうろうとしたまま再び眠りについていくらか時間がたったころ、今度は、左足のふくらはぎがつっている自分を夢で見ている自分の夢を見た。激しい痛みを感じるのだが、夢の中の自分が痛いのか、夢の中の自分が見ている夢の中の自分が痛いのか、わからない。とにかく痛みだけが生じていた。とても不思議なことである。目を閉じていて視覚刺激がないにもかかわらず、頭の中に夢という映像が浮かんでいて、その夢の中でも夢を見ていて、どこかに痛みが生じているのだ。

オランダの画家、エッシャーに「描く手(Drawing Hands)」という版画がある。鉛筆を持つ2つの手がお互いの手を描いている作品だ。2つの手はどちらかが実体で、どちらかが幻(絵)というわけではなく、どちらも幻だと解釈できる。同じような見方をすれば、夢を見ている自分も、それを夢に見ている自分も、さらにそれを夢に見ている自分も、すべて幻だということだろうか。ただし痛みはどこかに存在したのだが。

なんとなくモヤモヤした気分が続いていたある朝、この夢のことを初めて人に話したら、今度は夢の内容に自信が持てなくなってきた。思い起こしながら話すうちに、夢の中で左足のふくらはぎがつっていたのではなく、本当に自分の左足のふくらはぎがつって痛がっていたのではないかとも思えてきたのだ。特に1回目の痛みに関しては……。いまさら確認のしようもないことだが、もし3回目のワクチン接種を受けて同じ夢を見られるのなら、夢の内容を確かめたいと、少しだけ思っている。
posted by Junichi Chiba at 17:28| 日記